ビジネスローンという手段がある|事業を諦めない

男の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

紙幣や硬貨より便利なお金

紙幣

ICカードやスマートフォン使用する電子マネーは、電子データで支払いができるサービスです。財布を持ち歩く必要がなくなるメリットがあります。各店舗での支払いをした事で得られるポイントを集める際も、各店舗のポイントカードを持ち歩く必要がなくなり便利です。

読んでみよう

自分に合ったものを選ぼう

カード

カードローンを利用するのであれば、無利息タイプがおすすめです。高い利息を支払う必要もなく、手軽に利用することが出来るというメリットがあります。ただし、カードローンを利用をする時には、計画的に行うようにしましょう。

読んでみよう

早くお金を借りる方法

お金

消費者金融から即日融資を受けるのなら、無人契約機などを利用するよりもスマートフォンやパソコンで申込をしたほうが、審査結果が早く出ることが多いようです。審査の時には、在籍確認が行われますので、確実に対応することが出来るように心掛けましょう。

読んでみよう

事業資金調達をする

スーツの女性

スピード融資

事業資金を調達するとなった場合、行政や地方自治体の公的機関が事業者向けの補助金や助成金、貸付け制度があります。しかし、必要な書類も多く、競争が激しかったり、営業年数に下限がある、そして審査にも時間がかかり、審査通過も難しいといった問題があります。そうなると明日までお金が必要といった急な資金需要にはすぐに対応できないです。そこでビジネスローンです。世の中には急に資金を準備しなければならない経営者の方がたくさんいます。そういった方のために、金融機関ではビジネスローンを商品として取り扱い、審査の早い業者では申込みをして最短即日で融資するローンもあるのです。融資までのスピードを比較して申込みをすることができます。

上限金利で比較をする

どこの業者でビジネスローンを申込みするか、その比較基準として金利があります。金利は低いほうが支払う利息も安いです。しかし、商品内容を確認すると4.5%〜18.0%といったように幅を持って掲載されています。4.5%の数字を見ると低いと感じてしまうのですが、この金利で借り入れできることはほぼないです。利用年数が経過すれば金利見直しで下げてくれることはありますが、初めて申込みされるときは上限金利が適用されることがほとんどです。そのため、各金融業者のビジネスローンの金利を比較するときには、最低金利ではなく上限金利が何%になっているかを見ます。少しでも上限金利が低い業者に申込みをしたほうが利息負担が少なくなります。